血圧計は、メーカーによって測定方法が異なることがあります。医療機器メーカーと測量機器メーカーなどです。

高血圧を予防するために意識していること
検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

注目記事
高血圧を予防するために意識していること

メーカーによって血圧の測り方が異なる

体脂肪計と呼ばれるものがあります。以前は2つのタイプがありました。手で持つタイプと体重計と一体になったものです。どちらも電流を流すのですが、一方は下半身中心、もうひとつは上半身中心なのでかなり数字が違っていました。また、統計データもメーカーによって違うので、毎日別々のメーカーで測るとあまり良くないようです。測定方法が異なる機器がある場合、できるだけ同じものを使ったほうがいいのかもしれません。

血圧計は医療機器です。医療機器を専門的に扱っているメーカーから、測量機器や家電を扱っているメーカーなどが出されています。実は測定方法が異なるメーカーがあります。医療機器を専門的に扱うメーカーではコロトコフ法になっています。これは病院などで聴診器をあてて音を聞くのと同じ仕組です。それだけに正確に測れるとされています。しかし扱い方によっては誤差が発生しやすいとも言われます。毎日大きく変動が出ることもあります。

測量機器のメーカーなどはオシロメトリック法と呼ばれる方法で測定しています。血液の振動の変化で測定をするもので、医療機器と変わらないくらい正確とは言われます。誤差も出にくいことから、家庭で使うならこのタイプがいいかもしれません。

イチオシサイト

Copyright 2017 高血圧を予防するために意識していること All Rights Reserved.