高血圧が続くようになると動脈硬化の可能性が出てきます。血管が硬くなったり、詰まったりすると起こります。

高血圧を予防するために意識していること
検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

注目記事
高血圧を予防するために意識していること

高血圧が続くと動脈硬化の可能性

体においては、酸素であったり、栄養分が必要とされています。それらを前進に送るときに必要になるのが血液であり、血管でもあります。血管に異常が出て流れが滞れば栄養分がいかなくなってしまいます。それでも血管が何とか繋がっていれば栄養分などはきちんと行くことになります。となると深刻な問題は起こりません。つまりは、血管がつながっている限りには生きていけますが、それが破けたりすると一気に生命の危機に瀕することになります。

血管は通常の状態では簡単に破けたりはしません。弾力がありますから、多く流れたりしても大丈夫なのです。しかし、何らかの事情で血管が硬くなってくる、通り道が狭くなる、そして詰まってしまうことがあります。そうなると破けたりしてしまいます。その前兆としてあるのが高血圧とされています。血管が圧力を必要としている状況であることがわかります。弾力がないから詰まりかけの部分があるから圧力をあげて流そうとするのです。

詰まる原因としては、コレステロールが血管内にたまる事が挙げられます。血管に傷ができた時に白血球が修復をするのですが、コレステロールが多いとその部分にコレステロールがたまりやすくなります。血液が通りにくい状態です。

イチオシサイト

Copyright 2017 高血圧を予防するために意識していること All Rights Reserved.