血圧において普段は低いのに健康診断で高くなることがあります。測定方法や、環境変化による緊張かも知れません。

高血圧を予防するために意識していること
検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

注目記事
高血圧を予防するために意識していること

血圧で普段は低いのに健康診断で高くなる場合

血圧を測るための機械が売られています。良くあるタイプは腕に空気圧を上げるベルトを巻きどんどん圧力を上げます。そのベルトの部分に測定するセンサがついていて、それによって測るものです。上腕に巻いて行うのが基本の形なのですが、簡易的なものとして手首を使ったり、指を使ったりするものもあります。最近は簡単に測れるように腕を機械に差しこむだけで測定できるものがあります。医療機関に置いてあるものに近いものが自宅でも使えます。

これだけ便利になれば当然毎日のように測定しようとする人が増えています。自宅で測定すると正常値内にあるので安心していました。ところが健康診断に行くといつも図っている数字とはかなりかけ離れた数字になりました。かなり高くなっていたのです。これには驚いてしまいました。なぜこのようなことが起きるのかです。一つには自宅での測定方法に問題がある場合です。上腕と心臓の高さが違っていると正確に測定できないことがあります。

もう一つは少し笑える話ですが緊張による高血圧です。看護師さんの白衣を見て緊張する、病院の雰囲気に緊張して高くなるようです。落ち着いてきたり慣れてくると病院内でも普通に戻ってくることがあります。

イチオシサイト

Copyright 2017 高血圧を予防するために意識していること All Rights Reserved.