現代は高血圧の方が増えてきています。簡単に高血圧と言いますがなぜ血圧は高くてはいけないのでしょうか。

高血圧を予防するために意識していること
検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

注目記事
高血圧を予防するために意識していること

高血圧の危険について

高血圧は140-90mmHg以上を高血圧とされています。三大死因のガンを除く脳卒中や心臓病などに関わってくるので高血圧は危険とされています。血圧が高い状態が長く継続されてしまうと血管に負担がかかり血管壁が分厚くなったり固くなってしまいます。固くなると最近よく聞く動脈硬化となるわけです。分厚くなれば血管の中は狭くなってしまいます。そうすると血流が悪くなり血圧が上がってしまうのです。血管は身体中を走っているので血液を多く欲しい臓器の血管が狭くなってしまうと重篤な病気を引き起こしかねません。

例えば脳の血管が細くなって詰まれば脳梗塞に、心臓であれば心筋梗塞を引き起こします。脳の血管はとても細いので高血圧によって脳出血をおこす危険もあります。能の機能が停止すると手足のしびれや麻痺にもつながってしまいます。寒い時期に増える心筋梗塞も高血圧と関係があります。全身に血液を送る心臓が高血圧に対抗して強い力で血液を送り出すので、普通よりも負荷がかかります。そのせいで心臓肥大が起こってしまいます。脳や心臓だけでなく腎臓も大きな影響を受けてしまいます。腎臓は血液から老廃物を取り除いてくれるのですが、高血圧が原因の動脈硬化によってその機能がぐんと落ちてしまいます。腎臓も多くの血管が走っているからです。上手に老廃物を取り除けないと身体に毒素がたまってしまうのでひどいときは人工透析になる可能性もあります。健康診断などで血圧が高めと言われたかたは、たかが血圧と決めつけないでしっかりと予防することが大事です。

イチオシサイト

Copyright 2017 高血圧を予防するために意識していること All Rights Reserved.