血圧が高い場合は一定の指標が示されますが、低い場合は特にありません。それでも高くなり過ぎないようにします。

高血圧を予防するために意識していること
検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

注目記事
高血圧を予防するために意識していること

低血圧は病気になるか

血圧が高い状態のことがあります。病気とまでは言われませんが、気をつけないといけないとされます。高くなる理由としては、血液に問題がある、血管に問題、心臓に問題があるなど様々なことが考えられるからです。先天的に高い場合もありますが、多くの場合は生活の方法であったり、高齢になってくることで高くなることがあります。高齢の場合は多少高くても異常ではないとされます。血管が徐々に硬くなるので、適度な圧力が必要になります。

朝が苦手な人に対して低いのが理由とすることがあります。朝なかなか起きることができなかったり、活動しにくくなったりすることがあります。では病気かどうかです。高くても病気ではないので、低くても病気ではありません。また、高い場合はこれ以上だと問題ありとの数値が示されているのですが、低い場合には特に数字としては示されていません。そうなると自分が低いのかどうかがわからないことがあります。

一応低い基準としては、最高部分が100から110の人と言われています。低い時の体調としては、血液がうまく送られないことによる貧血があります。起立性によるものもあるとされます。貧血気味なら多少注意する必要があるでしょう。

イチオシサイト

Copyright 2017 高血圧を予防するために意識していること All Rights Reserved.