血圧を測る仕組みを知ると、普段の測定の時にも役立ちます。圧迫から少し開放した時の圧力が最高部分です。

高血圧を予防するために意識していること
検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

注目記事
高血圧を予防するために意識していること

血圧を測る仕組みを知っておく

体重を量る仕組みとしては、量りの上に人が乗るだけです。食べ物などを量る量りがありますがそれを大きくしただけにものです。体温計においては温度を測定するものとよく似ているでしょう。脇の下などに挟んでその部分の温度を測定するようになっています。体脂肪になると少し違いがあります。実際に体の中の体脂肪を図っているのではなく、電気の通り方によって統計的な数字を用いています。あくまでも参考の数字が出されています。

血圧については、病院では手動式、アナログ式のものが使われることがあります。そして自宅では機械式のものが使われることがあります。腕に帯を巻きどんどん空気を入れて圧迫します。そしてその後に空気を抜きます。どういった時に何を測定しているのかです。まず圧迫することで血液の流れをギリギリまでなくすようにします。ですから帯から出他部分の血管が浮き上がっていることがあります。少し血液が流れている状態の圧力が最高の部分です。

それから開放して通常の血液が流れる状態になる圧力があります。この時が最低の時になります。圧迫した後の流れ始めと正常な状態を測っているのです。こう考えると圧迫が重要であることがわかります。姿勢も大事になります。

イチオシサイト

Copyright 2017 高血圧を予防するために意識していること All Rights Reserved.