血圧については、毎日同じ環境や体調で測定するといいでしょう。食後やお風呂のあとなどは避けます。

高血圧を予防するために意識していること
検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

注目記事
高血圧を予防するために意識していること

血圧は毎日同じ環境や体調の時に測定する

手首を持って脈を測ることがあります。安静時はそれほど速くありません。少し速く歩いたり走ったりするととたんに速くなってくることがあります。体の環境が変わった証拠です。体温をそれぞれではかったとすれば、安静時は低かったのに、走った後に高くなることがあります。毎日測定するとき、ある時は家にいるとき、あるときは歩いている時、走っている時と様々な状況になると比較するのが難しくなります。グラフにするとがたがたな状態です。

血圧を測定するときも同様です。脈や体温のように大きく変化しないのではと思いがちです。高い人は常に高く、低い人は常に低いと思われるからです。実際は環境や体調で左右されます。適切なのは、落ち着いた環境において、体調も安静の状態がいいでしょう。朝起きて食事をする前に行うようにすると良いかもしれません。と言いますのも、食事をすると体調が変わります。トイレなどに行っても変わります。冷たい水で顔を洗っても変わります。

リラックスしている時間としてコーヒーや紅茶を飲んだあとなどに測ろうとすることがあります。カフェインが入っている飲み物を飲むと変化しやすくなります。ですから、飲んですぐに測るといつもと違う値が出ることがあります。

イチオシサイト

Copyright 2017 高血圧を予防するために意識していること All Rights Reserved.